借地権に関するトラブルレスキュー~基礎知識編~

トラブル回避の糸口は?~借地権の基本情報を押さえよう~

悩みが多い

借地権では売買や相続などで揉め事になるケースが多いです。地主と借地人それぞれで抱える問題も異なってきますので、まずは立場を明確にして問題解決の糸口を探っていきましょう。

借地権のトラブル例ランキング

間取り
no.1

売却

借地人が借地権を売却したい場合は、地主と交渉して承諾を取ることになりますが、査定や交渉などが上手くいかないことがあります。

no.2

相続

借地人や地主本人が亡くなって権利を相続するケースでもトラブルが多発しています。とくに相続人が複数いる場合意見が分かれることで揉めるのです。

no.3

老朽化

建物が古くなると建て替えやリフォームを検討することになりますが、地主の了承を得る必要があり、条件によってはトラブルになりやすいといわれています。

no.4

更新

借地権契約の更新では、更新料がかかってくることが一般的です。その額が値上がりしたりすることで金銭トラブルに発展する場合があります。

no.5

底地

土地の所有権のことを指しますが、買取希望の場合は交渉に関してスムーズにいかないことが多いようです。

借地権に関するトラブルレスキュー~基礎知識編~

家

専門業者に相談しよう!

借地権で困っているという場合は、専門の不動産業者に相談するのがベストです。法律関係にも詳しいですし、安心して任せられます。地主、借地人双方にとって有益なアドバイスを受けることが可能です。金銭が絡んだいざこざが続くことは精神的にも大きな負担となりますので、早めに相談して解決を目指していきましょう。信頼できる第三者の仲介サービスを入れることで、話がスムーズに進んでいくはずです。

男女

心配なら

不動産トラブルのリスクを少しでも避けたいなら、借地権を売却したり、借地権付きの物件を選ばないようにするという手もあります。しかし、固定資産税もかかりませんし、費用も一般的な住宅に比べてお得な場合も多いですので、魅力はあります。鎌倉など立地が良く昔からの住民が多く暮らすエリアでは、そのような借地権付きの物件も多いですので悩むことでしょう。購入前にはメリット・デメリットを専門業者に指摘してもらって、しっかりと検討していくようにしたいものです。

悩みがある場合は

借地権付き物件を専門に扱う不動産業者に相談して、トラブルを防いでいきましょう。

広告募集中